巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

合コンで恋が実らないと嘆く人、必見!

あなたの合コンライフがガラリと変わるかもしれない『合コン手帳』。カバーを取り外せばかわいらしいシンプルなピンクの手帳となる

「合コンで恋人って、なかなかできないんだよね〜」
不思議なもので、数多くの合コンをこなしているはずの友人から、そんな声をきくことも多い。

確かに、合コンの場で恋に落ちるなんてことはめったにない。なんとなく好印象を持った人と何度かデートを重ねて恋人になるというのが一般的だろう。まわりを見れば、案外合コンで出会った恋人同士というのも多いのに……。

そんなふうに嘆く女性にぜひ読んでほしい本がある。それが、『合コン手帳』。これは手帳であると同時に、れっきとした合コン指南書でもある。与えられたミッションをこなしていくことで、最終的には「合コンを通じて、モテ女になる」ことができるのだ。

ミッションは毎月1コずつ、計12コ。まずは恋の土俵にあがるところから始まり、合コンのツテ探し、プレ合コン、本気合コンなど段階をあげていく。
「すでに恋の土俵にもあがっているし、合コンもしまくっているよ〜」
なんて人も、随所にちりばめられたモテテクニックは一度読んでみる価値アリだ。

「戦場別合コン必勝テクニック」では遠くに座っている人の落とし方、遅刻で出遅れたときの盛り返し方、年下ゲットの方法などを具体的に伝授。ほかにも「お色直し作戦」、「エレベーター接近作戦」など、ユニークかつ効果のありそうなノウハウがズラリと並ぶ。どれも実践しやすいものばかりだ。さらに、初デートでのチェックポイントなど合コン後のフォローもバッチリ。これを読むとテクニックに頼るなんてナンセンス! と決め付けるのは早いことがわかるはず。

もちろん、合コンを中心としたスケジュールを管理する「手帳」としての使い勝手も抜群。週間ダイアリーは、合コンや飲み会の予定を多く書けるように夜の欄を広めにとってあるし、巻末の合コンノートにはメンバーや服装などの基本情報だけでなく、ウケた話題や座席移動・幹事のデキにいたるまで事細かに記録できるようになっている。こうした情報を今後の戦略を立てるのに活かすのだ。

本の発売は2005年だが、いまだにメディアで取り上げられることも多く、本のメインターゲットである女子大生を中心に話題になっている。出版社の株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンの担当者いわく、
「友達同士のプレゼントに購入される方も多いんですよ」
とのこと。確かにちょっとシャレが効いたプレゼントとしては最適だ。

とにかく読んでいるだけで妙にワクワクしてきて、すぐにでも合コンをしたくなる不思議な手帳。もちろん既婚の私にはもう無関係だけど……なんてちょっと寂しく思ったところにこんなモテ女名言が目に入った。
「女は一生恋に恋する動物である」
うーん、納得!

ほかにも『上司手帳』『コーチング手帳』など社会人向けのシリーズや、受験生向けの『合格手帳』もあるので人生の目的やシーンに応じてうまく使い分けたいところ。少なくとも私は『合コン手帳』は卒業すべきだな。
(古屋江美子)

2007年3月3日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!