巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

最近のニューヨーカーは並ぶことが平気になった!?

ホール・フーズのエコバッグ騒動 in NY

何事にもクールと言われる最近のニューヨーカーは、ブランド品のために長時間並ぶのが、平気になったのか?

というのも、先日発売されたブランドバッグに、前日から並び始めた人も含めて600人以上もの人が、NYにある「ホール・フーズ・マーケット(Whole Foods Market)」の前に長蛇の列を作ったのだ。

その話題のバッグとは、イギリスの人気デザイナー、アニヤ・ハインドマーチがデザインした、「I'm NOT A Plastic Bag(わたしはビニール袋じゃない)」と書かれたキャンバス地のショッピング「エコバッグ」。

そして発売した「ホール・フーズ・マーケット」とは、90年代に急成長した、アメリカの大手オーガニック食品小売りチェーン店。ヘルス・コンシャスなハリウッドスターなんかがよく買い物している、ちょっとお高いスーパーマーケット。全米だけでなく、イギリスにも出店を果たす。

昨今の地球温暖化問題の取り組みの一貫として、世界中で年間消費される1兆枚にも上るプラスチック・バッグ(レジ袋)を減らそうとする運動がある。レジ袋の代わりにマイバッグを持参して買い物しようという呼びかけは、日本でも数年前から始まっていて、実行されている方も多いだろう。

そんなトレンドを受けて、「ホール・フーズ・マーケット」は、イギリスのスーパーマーケット「セインズベリー」との共同開発でエコバッグを発売。イギリスでは3月20日に、アメリカでは先月6月20日に発売と同時に売り切れ。そして今月7月18日の2回目の販売と同時にまた売り切れ。

実際に並んで買ったという女の子たちにインタビューしてみた。

「2時間くらい並んだかな? 午前8時開店だったから、夜明け前に家を出て、着いたときには既に200人くらいいたと思う。当日すごい雨で大変だったけど、ずっと欲しかったので、買えてよかった」
「15ドル(約1900円)の価格は、ショッピングバッグとしては高いかもしれないけど、アニヤのバッグはもっと値が張るので、これはお得。学校にも持って行こうかな」
と答えながら、嬉しそうにポーズを決めてくれるのがかわいらしかった二人。ありがとう。

一方、いつも買い物に来ているという30代の女性は、「この騒動はバカバカしい」と、相手にしない様子。
「私はあのバッグが発売される前からエコバッグを使っている」

フリーペーパー『Metro』の記事によると、先頭に並んだ男性は、インターネットオークションで売るつもりだと言う。一つ200ドル(約2万5000円)にもなるそうだ。香港でだともっとするだろうとのこと。ちょっといろいろ想像させられる。

結局、ニューヨーカーが並ぶのが平気になったのではなく、トレンドに乗った商魂たくましい人が増えたということかもしれない。
それでもエコバッグを持って買い物をする人が増えれば、地球温暖化も制御できるだろうから、それも致し方なしかも。

ミーハーが地球を救う?
(チン・ペーペー)

2007年7月30日 00時00分

「最近のニューヨーカーは並ぶことが平気になった!?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!