巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

イケメン、キモメンの次は「乙男(オトメン)」の時代!?

『乙男(オトメン) 1』(上)と『乙男(オトメン) 2』(下)。菅野文・作は白泉社より、現在2巻まで発売中!
売り切れ店続出で入手困難の噂も

あなたの周りにもいませんか? 話題のおいしいスイーツや、かわいいもの情報に誰よりも詳しく、女友達並みに盛り上がれる乙男(オトメン)が……。オトメンとはかわいいものや甘いものが大好きな乙女系男子のこと。語源はすでにご存知の方も多いかと思うが、現在『花とゆめ』で連載中の大人気少女マンガ『乙男(オトメン)』(私も実は春頃からハマり中)。

主人公のアスカ君は、剣道全国一、空手・柔道も段持ちで校内でもモテモテのイケメン男子。が、実はそんな彼、誰よりもかわいいもの好きで、ひそかにぬいぐるみやファンシーグッズを集めたり、少女マンガに胸キュンしたりもする乙女な本性を心に隠し持つ“オトメン”だったのです……。転校生の美少女・都塚さんとのなかなか進展しない恋や、アスカとはまったく正反対のチャラ男である橘君との友情もありつつのほのぼの系学園マンガである。
しかし、考えてみたらイケメンでスポーツ万能、しかも毎日手づくりのおいしいお弁当をつくってくれて、一途に自分だけを愛してくれるうえ、少女マンガやかわいいものの話題でも一緒に盛り上がれる……。女にとって、これほど都合のいい男はいませんよね!? こんな男子がいたら私だってつきあいたい!! と、読みながら叫びそうになりましたよ。

しかし、自分の身近にも最近この乙女系男子がかなり増えていて、このマンガ「まったくの絵空事」というわけでもない気がします。彼らは趣味嗜好が乙女なだけで、特に仕草や見た目が女っぽいわけでもなく、彼女もいたりするごくふつうのメンズ。
しかし、フツーに『ハチクロ』などの少女マンガとか読んでるし、自分が着るわけでもない『ミナペルホネン』といった乙女が好むお洋服ブランドの新作、どこそこに新しくできたカフェがかわいい〜といった情報にやたら詳しかったりします。90年代に流行った「フェミ男」があくまでもファッションとしての女のコっぽさを追求していただけなのに対し、21世紀のオトメンは外見や仕草はあくまでも男らしく、しかし趣味嗜好だけが「乙女」であるという点が新しいのかもしれませんね〜。

しかし、考えてみたら「乙女のカリスマ」と言われる作家の嶽本野ばら氏なども男だし、彼が師と仰ぐ叙情画家で編集者でもあった中原淳一や、その弟子でイラストレーターの内藤ルネなど、過去に乙女界を牛耳ってきた? 重鎮たちは考えてみたらみーんな、男。「オトメン」の系譜は意外に古いといえるのかもしれません。次代のヒーローは「乙女心がわかる男=オトメン」ってことでドラマ化なども期待したいところですが、どうでしょう?
(野崎 泉)
関連キーワード

2007年8月4日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!