巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

“2009年1月20日”へのカウントダウングッズ

2009年1月20日は“ブッシュ最後の日”。ブッシュ最後の日がカウントされるキーホルダー型時計と最後の日がプリントされたマグカップ
(C)2007 BLD Designs, Inc.

コメディー・セントラルというコメディー専門のケーブルチャンネルが作り出したアニメ「リトル・ブッシュ」が人気を集めている。
現在はオフシーズンということで、新エピソードは秋まで待たなくてはならないが、名前から察する通り、現米大統領のジョージ・W・ブッシュをモデルにしたアニメである。
口汚いリトル・チェイニー、リトル・ブッシュに恋心を抱いているリトル・コンドリーザ。敵として登場するのはリトル・キムジョンイル等、公園で繰り広げられる様々な人間模様を、ブラックジョーク満載でオトナ向けに作られたアニメである。

そんな番組の人気に反比例して、ブッシュ本人の人気は下降している。
来年の選挙に向け、候補者があちらこちらのメディアに頻繁に出演しているのを見かけるのと同時に、“ブッシュ最後の日”のカウントダウンも始まっている。

2009年1月20日が最後の日。この日を指折り数えて待っている人が、少なくとも5943万9413人いるという。2004年にブッシュに投票しなかった人たちだ。そしてあの時、「どうして投票してしまったんだろう」と悔いている、そんな人たち用に一目でわかるように、とカウントダウングッズが売られている。
ブッシュ最後の日まで、あと何日何分何秒と表示されるキーホルダーになった時計。
コーヒーを飲みながら、ニタニタ笑いがでそうな最後の日付がプリントされたマグ。
車のバンパーに付けるステッカーにも日付があり、渋滞時にそれを見た人は、イライラどころかホッと落ち着く効果がありそうだ。

「どんなアプローチをしようと考えたが、自分自身が芸術家なために、ビジュアル面を重視して、認識を深めてもらおうと思った。今、我々の声と考えを聞かせ始める必要があるし、ポジティブな変化が始まるのもこの日からだし」と、販売元でもあり、ウェブサイト創立者のジョナさん。
「若い頃にニューヨークで見たバッジ屋さんでのピースマーク。このマークからインスパイアされた当時の若い世代は勇気あるムーブメントを作り出し、残酷な戦争を終わらせたんだ。人々がそのバッジを選んで付けて立ち向かう、ということで意識も変わったんだと思う」

ブッシュ最後の日グッズも、ピースマークくらい影響力の強いものになってほしい。
売上金の一部はアムネスティーやピースボート、ワイルドライフ等の団体へ寄付される。
(シカゴ/あらた)

「Bush's Last Day」HP*英語サイト
関連キーワード

2007年8月12日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!