巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

へその形って、自分で変えられないの?

「へそ」ってなんだかミステリアス!? へそケアも忘れずに

水着になったときやヒップハングのボトムからチラリと見える“へそ”。普段なかなか見られる場所じゃないせいか、なぜかドキリとさせられるパーツのひとつでもあります。

私は横に平たい“横べそ”なのですが、個人的には、スッと縦にのびた“縦べそ”に憧れていたりして……。へその形って、自分で変えられるのでしょうか? その道25年、「ノエル銀座クリニック」の保志名先生に聞いてみると、

「へそは、へその緒を切り取ったあとにできた傷痕です。自分の力では難しいと思いますが、場合によっては整形手術によって、へその形は変えられます」

とのこと。自分では無理なのか……と、ちょっとがっかり。実際に、へそにコンプレックスを持っている人も多いようで、

「へその中でも、“でべそ”が気になるという女性は多いようですね。当クリニックでも、だいたい1カ月に2人のペースで、でべその整形手術をされる方がいらっしゃいます」(同)だそう。

「ただし、でべその中にも、気をつけたいものあり、“臍(さい)ヘルニア”と呼ばれる状態の場合。見た目は普通のでべそと全く変わらない場合もあり、出っぱっている部分が固い状態ではなく、触るとぷよぷよと柔らかい状態のものがそう。通常、へその下には瘢痕(はんこん)組織があって腹膜があるのですが、臍ヘルニアの場合は、へそのすぐ下に腹膜があり、その下が内臓になっているという状態です。通常の生活をする上では支障はありませんが、強い衝撃や刺激には注意が必要です」(同)。

また、昔からよく『へそをいじるとお腹が痛くなる』と言われていましたが、こちらについてお聞きしてみると、こんなお答えが。
「傷痕なので、強い刺激を与えるのはよくありません。いじることによって、傷がつき炎症を起こしてしまったり、お腹が冷えてお腹が痛くなってしまったり……ということもあるので、触り過ぎは良くないですね」(同)

ちなみに、へそのゴマは、
■入浴後、肌や垢(ゴマ)がふやけた状態のときに、綿棒にオリーブオイルをひたしてそっと取ってあげる
■入浴中なら、濡れたタオルを指に巻き付け、3日間ぐらいかけて、少しずつ取ってあげる
のが良いそう。

たかがへそと言えども、人間全てにある傷痕……と考えると、なんだかとてもミステリアスなパーツに思えてきた気が。縦べそへの憧れはさておき、たまにはきちんとケアをしてあげなくては! という、軽い愛情も生まれてきました。今年は、へそケア元年の1年になりそう。
(武田由紀子)

「ノエル銀座クリニック」HP

2008年2月4日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!