巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「鉄分」低めな人にもおすすめ! カワイイ鉄道雑貨『ピクトレイン』

(上)東京メトロがなんとボールペンに! 丸ノ内線の赤、銀座線のオレンジなど計6色。東京土産としても喜ばれそう。
(中)電車キャラがカワイイ、ショッピングバッグ。
(下)ピルケース上に見なれた新幹線の電光表示。出張のお供にいかがでしょう?

もはや男性マニアだけのものではなくなった、趣味としての「鉄道」。私も最近になって自分の体内「鉄分」が意外と高めなことに気づき、雑誌で鉄道特集などが組まれるとつい、イソイソと買ってしまったりします。

そんな「女子鉄(ジョシテツ)」の皆さんも大満足の!? これまでの鉄道界にはなかったカワイイ鉄道雑貨『ピクトレイン』。昨年の発売当時から話題になっていたが、今年に入りますますラインナップも増え盛り上がりを見せている様子。というわけで、ジェイアール東海エージェンシーの担当者さんにお話を伺ってみた。

「“のりものグッズ”の世界において、鉄道だけが特異な雰囲気をもっています。車や飛行機がモチーフになったカッコイイデザイン雑貨や文具は多々あるのに、電車のそれはなかなか見つからない。この現状を打破できないかと常々考えておりました」
と、そんな中、偶然目にしたヨーロッパの鉄道グッズのおしゃれさに刺激を受け、テイストを日本に持ち込めないかと考えたのがきっかけだったそう。

「電車がついているから買うのではなく、そのデザインがかわいいから買う。そういう感じで、無意識のうちに電車グッズが広まっていき、そこから電車に対するイメージが変化していけば嬉しいですね」。
なるほど〜、確かにこれをふだんに使っていてもフツーにかわいいので誰も「テツ」だとは思いませんよねぇ。
「電車大好きではないけれど、嫌いでもない。車輛や路線、駅名にそれほどのアツイ思いはないけれど、興味がないわけでもない。つまり、そんなゆる〜い鉄道ファンにも裾野を広げるべく、新たなコミュニケーションツールとして生まれたのがこの『ピクトレイン』というわけなのです」。

ちなみに、この『ピクトレイン』は現在インターネット通販のほか、鉄道博物館、東急ハンズ(1部店舗)などで発売中。ちなみに、個人的に「鉄ゴコロ」をくすぐられたのは第二弾として発売されたばかりの「6色ルートマップボールペン」! 東京メトロの正式許諾を得てつくられたものだそうで、丸ノ内線の赤、銀座線のオレンジなどインクの色も路線図に合わせているところがすばらしい〜。ほか、駅のピクトグラムをあしらった図柄がなんと100種類(!)もあるというマグネットにもそそられるものが。

路線図や時刻表をボーッと眺めているだけでもけっこう楽しめるものですが、こんなカワイイ鉄道雑貨と毎日一緒なら体内「鉄分」もさらにUPしそうですよね!?
(野崎 泉)

「Pictrain(ピクトレイン)」HP

2008年2月16日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!