巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

スーパーマリオが24歳って、本当ですか?

「ドンキーコング」で初登場したマリオは、一躍人気者に。
今ではDSにもWiiにもすっかりハマっているが、個人的に、当時買ってもらえず、憧れだったのがこのファミコン!

「ドンキーコング」(C)1983 Nintendo
「スーパーマリオブラザーズ」(C)1985 Nintendo

( 1 / 3 )

これをご覧になって24歳とおっしゃっているのかもしれませんね」

実際に読んでみると、たしかに書いてある。これは、キャラクターにありがちな「好きな色」「好きな食べ物」といった細かい設定は一切していないが、年齢だけは大体決めていた、という話の流れで出てきたもの。大体とはいえ、開発者の宮本さんがそういうのだから、正しいのだろう。

さらに、こんな説も浮上。「マリオというキャラクターが初めに登場したのは『ドンキーコング』(1983年発売)というソフトです。その1983年から今年までの年数を数えると、24歳という数字に近いので、その年数から考えられた方がいらっしゃるのかもしれませんね」

なるほど。これもありえそうだ。でも、ズバリではない。宮本さんの“大体”にしてもそうだけど……。

すると、「実際のところ、年齢などの設定を重要視していないんですよね」とのこと。これは任天堂の他のソフトに出てくるキャラクターにも共通するのだとか。

「重要視していない」、これこそが、真実。あれだけ有名なキャラクターのわりには、まわりに聞いても年齢がわかる人がいなかったわけだ。

とりあえず、24歳説も事実ではあるとわかり、スッキリはした。でも、無意識に想像していたのとかけはなれていたから、軽いショックも。というか、マリオが自分よりも年下だって、認めたくないだけだったりして!?

でもおっしゃるとおり、年齢なんて重要ではない。だって、マリオが24歳でも、46歳でも、年をとるわけじゃないし……。いくつであろうと、ずっとあのまま、愛されつづけていくキャラクターってことに変わりはないのだから! なんだかんだいって結局は、想像にお任せ、が良いのかも?!
(田辺 香)

任天堂
関連キーワード

2008年8月3日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!