巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

大きなカメラが欧米で根強い人気?

ライター情報:羽石竜示

大きなグリップとレンズのカメラは、手の大きい人には重宝だ

日本では薄型のコンパクトデジタルカメラや軽量・小型化した一眼レフカメラが人気だが、欧米ではどういうわけか、大きめの一眼レフカメラやレンズにいまだに根強い人気があるという。それはなぜか、メーカーにきいてみた。

カメラ映像機器工業会調べの2007年のカメラ出荷実績は約1億台、うち日本向けは約1000万台と全体の10%くらい。一方、欧州・北米向けはそれぞれ3200万台強、計6500万台となっており、大きなボリュームを占めている。当然、カメラメーカーは欧米向けの製品づくりを強く意識せざるを得ない。すると、欧米人と日本人との好みの違いに気づくのだという。
「当社のコンパクトデジタルカメラ『DP1』はおかげさまで日本ではよく売れましたが、欧米ではいまひとつ。その理由を『小さいから』と販売関係者からいわれました」とカメラ・レンズメーカーの株式会社シグマは説明する。
コンパクトで高画質な写真が撮れるので日本で売れたが、欧米ではそのコンパクトさがあだとなったのだ。一眼レフ用の交換レンズにも同様な現象が起こっている。
「ほぼ同一性能で軽量・コンパクト化したモデルよりも、従来の大きくて重いレンズの方が欲しいといわれ、びっくりしました」と同社。どういうことなのか。

「手の大きさが欧米人は日本人より大きいので、大きなカメラやレンズが好まれるのだと思います」とニコン。確かに、カメラは自分の手のサイズに合うものが撮りやすいのは事実。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2008年11月24日 00時00分

「大きなカメラが欧米で根強い人気?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!