巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

韓国のシブヤ系ユニット、日本デビューを応援したくなる理由

ライター情報:清水2000

Peppertones『Hello、world!』2008年12月15日発売予定 品番:CD OLD-001 価格:2300円(税抜) 銀座山野楽器全国各店、玉光堂道内各店、KOREA PLAZAにて販売。

( 1 / 2 )

日本でも名の知られるクラブ音楽ユニット、クラジクワイ・プロジェクトを始めとし、いま韓国のリスナーの間では、クラブ系・カフェ系のおしゃれな音楽が人気となっている。
以前はマニアだけのものだった日本の音楽も、ここ数年で広く聴かれるようになった。Fantastic Plastic Machine、MONDO GROSSO、Jazztronik、Nujabes、paris match、orange pekoeといったアーティストは既に知られており、韓国の洋楽チャートでも上位にランクインするほど。そうした日本発のおしゃれ系音楽は、本来の語源を離れざっくりまとめて「シブヤ系」と呼ばれ、多くのファンに愛されるところとなっている。

シブヤ系の空気をたっぷり吸い込んだ、韓国人男性2人組の実力派ギターポップユニット、それが「Peppertones(ペッパートーンズ)」だ。
ピチカート・ファイヴやシンバルズをこよなく愛するという彼らの、キラキラとしてウィットあふれるサウンドに、惚れこむファンが続出。2005年にインディーズレーベルから発表されたファーストアルバム『colorful express』は、発表2年後に「韓国大衆音楽賞」を受賞し、専門家からも高い評価を受けた。日本でも既にミクシィのコミュニティーが運営されるなど、静かだが熱い盛り上がりを見せている。
そんなペッパートーンズが12月15日、念願の日本版アルバムを発表することに。
関連キーワード

ライター情報: 清水2000

ソウルを拠点に活動するトラベルライター。翻訳も少々。路上のコネタ、珍スポ、音楽と映画を求め、弘大のライブハウスから朝鮮半島の辺境、世界のコリアタウンまで徘徊中。

2008年12月15日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!