巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

萌えパッケージでヒットを狙うビーフカレー

“萌え”と“味”を兼ね備えた『羽後牛カレー』。

( 1 / 2 )

よく言われていることだが、カレーライスを嫌いな人はほとんどいない。某テレビ番組で、カレーライス好きの芸人を集めた「カレーライス芸人」なんて企画があったが、カレーライスだったら間違いない。
だからこそ、どの銘柄を選んでいいか困る。たくさんのメーカーから発売されているカレー。どれも美味しそうなのだ。そして、どのメーカーのカレーもウリは様々。

そして、パッケージに描かれたデザインでヒットを狙うカレーなんてのも存在する。それは秋田県羽後町の「JAうご」が売り出している『羽後牛カレー』。
このカレーのパッケージには、羽後牛の横で微笑む“萌え~!”な美少女が描かれている。この萌えパッケージで、JAうごはヒットを狙っているのだ。

実はJAうごは、『羽後牛カレー』以前にも、米袋に萌え美少女を描いた「あきたこまち」で1度ヒットを飛ばしている。
このデザインは、イラストレーターである西又葵さんが描いたもの。しかし、何故このように画期的なデザインでの発売に至ったのだろうか? お話を伺ってみた。
「2008年6月に、羽後町の商店街で『美少女イラストコンテスト』というイベントを行い、そこに西又先生をゲストとしてお呼びしたんです。その際、西又先生が非常に羽後町を気に入ってくれたんですね。先生も普段は室内でのお仕事が多く、イベントも都会でのものが多いとのことで、こういった田舎に来たのは初めてだったようです。そこで、先生の方から『羽後町に協力できることがあれば』と申し出ていただいて、このような商品の発売となりました。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2009年3月1日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!