巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

親切すぎるアイスの注意書きについて

ライター情報:田幸和歌子

アイスを食べるとき、念のため、注意書きもチェックしてみては?

「お菓子などのアレルギーに関する表示もかなり細かくなりましたが、アイス業界でも全体にかなり細かくなっています」

それにしても、特に注意書きが細かいのは、スティック状のラクトアイスの気がするけど……。
「同じラクトアイスでも、ソフトクリームタイプなどは口にはりつきにくいのですが、かたまっているスティックバーは、はりつきやすいものが多いですね。皆さん、買ってすぐ袋をあけてかぶりつくことが多いので、キンキンに冷えたものがやわらかい唇の皮にふれると、破れてしまったりする可能性もあるんです」

ちなみに、他社のアイスの注意書きも一部ご紹介すると……。
「冷凍庫から出してすぐ食べると製品が口元に張り付くことがあります」(グリコ/アイスの実)
「中身が溶けた時、容器を傾けるともれるおそれがありますのでご注意ください」(ロッテ/爽)
「吸い口に舌を入れる等して遊ばないように注意して下さい」(グリコ/パピコ)
さらに、「溶けた時、スティックから落ちやすくなります」みたいな注意を書いている製品もあった。

もちろん万が一を考え、事故がないための細心の注意は必要だろう。
また、悲しい事故が起こったときのメーカー側の責任問題の点から、注意書きが必要という面もあるだろう。
でも、ここまで書いていたら、そのうち「スティックは食べられません」「アイスは長時間放置すると溶けます」レベルの注意書きまで必要になる時代がきたりしないだろうか……。
(田幸和歌子)
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年5月4日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!