巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る

アットホームなスタジオ風景。

ここしばらくの不況で、長寿番組が終わっちゃったりと、AMラジオ業界は暗い印象だけど、ネットラジオは景気に関係なく元気にやっている。

無料コンテンツを500集めて紹介した書籍『iPod&ケータイ端末で100倍楽しむ通勤デジタルテクニック―通勤時間をとことん楽しむ★』(笠倉出版社)にも紹介される「桜川マキシム」は、そんなネットラジオ界でもクオリティと気概が際立つ存在。いわゆる「素人さん」のパーソナリティーの男性二人が、時にくだらなく、時に過剰なほど憤慨し、時事・おたく・エロネタなどを幅広く語るという、ラジオの深夜放送を彷彿とさせる、青春真っ盛りな内容。

他より頭一つ抜きん出る秘訣とは?
「うちのネットラジオでは編集に力を入れてます。一回の放送が10分から20分なんですが、編集には2時間から4時間くらいかけて編集して無駄を省きます」
さらりと流しているように聞こえる放送も、実は、プロ意識のなせる技だったのね。

「そこまで手間をかけるのは極端な方ですけど、ひと工夫加えるだけで見違える様に流暢なしゃべり方に聞こえるもんなんです。生トークも魅力的ですが、生でしゃべって他人に面白く聞かせるのってかなり特殊な技術ですからね。ジャズの即興演奏みたいなもので。まず始める時は『言葉に詰まったらあとで編集すりゃいいや』くらいの気持ちでゆっくり落ち着いてしゃべってみたら、肩の力が抜けて面白いものが出来ると思います」

でも個人がそこまでできるのだろうか。
関連キーワード

2009年5月10日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!