巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

北海道に廃校を利用した宿泊施設がオープン

ライター情報:古屋江美子

「雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウス」の外観。

( 1 / 3 )

「廃校」というと、遊園地のお化け屋敷のモチーフになることも多く、ちょっとコワイ印象を持つ人もいるかもしれない。でもそんな廃校のイメージが今、大きく変わりつつある。過疎化や少子化の影響をうけて、毎年数百校が廃校になっているが、最近では廃校を使ってイベントを開催したり、オフィスや美術館にリニューアルするなど、有効利用が積極的に進められているのだ。

そんななか、5月29日に新たにオープンしたのが、北海道夕張郡栗山町にある「雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウス」。1998年に廃校となった「旧雨煙別小学校」を栗山町、NPO法人雨煙別学校、財団法人コカ・コーラ教育・環境財団が1年がかりで再生させたもので、環境教育を中心とした体験型宿泊施設である。

校舎は北海道でも数少ない現存する木造二階建てで、70年以上前にできたもの。内装や外装には改修が加えられているが、もとの面影も色濃く残し、温かみのある昔懐かしい雰囲気だ。

NPO法人雨煙別学校の副理事長である高橋慎さんに話を聞いてみると、
「財政も厳しく、廃校再生の資金繰りに苦労していましたが、コカ・コーラ教育・環境財団の支援により、再生計画を進めることができました」
また、施設作りのノウハウや人手も不足していたそうで、
「大工経験のある地域のボランティアなどの協力を得て完成させることができました」
まさに、財団・町・NPO・ボランティアが一体となって完成させたもの。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2009年6月4日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!