巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

毎日はらってもはらってもできる、クモの巣について

ライター情報:田幸和歌子

新しいマンションでも、クモは、出るんです。

「お化け屋敷」の絵を描かせたら、ほとんどの人が小道具として描き入れるであろう「クモの巣」。

「クモの巣=人の出入りが少ない場所」というイメージを持つ人もいると思うが、たとえば、毎日使用している部屋の隅などで、はらってもはらっても、毎日クモの巣ができている……ということがある。

クモはいったいどのくらいのペースで巣をつくるのだろうか。
東京大学大学院農学生命科学研究科・生物多様性科学研究室の谷川明男先生に聞いた。

「クモが網を張るのには、何時間も必要ではありません。種類によっていろいろですが、長くても張りはじめから数十分で完成します。ですから、人の出入りがあまりに頻繁でなければ、クモの造網にとっての障害にはなりません」

マンガなどの表現では「お化け屋敷や空き家=クモの巣」というのがよく使われるが、新築の家でも、やっぱりクモの巣を見かける。クモの巣ができることと、建物の古さ・新しさに関係はないのだろうか。
「空き家にクモの網がたくさん見られるのは、その網を張ったクモが死んでしまったときに網だけがなくならずに残り、それがだんだんとたまっていくからです。人が住んでいる家では、そのようなクモの網は掃除されて、その都度なくなりますから、お化け屋敷状態にならずにすみます。人が住んでいようとも、掃除をしなければ、お化け屋敷状態になります。家の新旧も関係ありません。古い家でも几帳面に掃除されていればきれいですが、新築の家でも掃除をしなければすぐに汚くなります」

また、あまりに頻繁な人の出入りがあって、クモが作ったばかりの網をたびたび壊されれば、造網場所を変えるそうだが、それほどでなければ人の出入りがあろうとも、クモは網を張るという。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年6月20日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!