巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

首都高フリークが語る、首都高の萌えポイント

首都高に“萌える”人がいるらしい。

( 1 / 2 )

世の中には様々な趣味嗜好がある。崖が好きだったり、ビルに萌えたり、デパートに悶えたり、ハッキリ言って理解できない。

そして、またしても摩訶不思議な人種が発見された。それは「首都高フリーク」。
6月16日にイカロス出版から発売されたムック『首都高をゆく』で、各界の著名人が各々の首都高“萌えポイント”を幸せそうに紹介しているのだ。
この人たち、色々語ってくれているのだが、それがあまりにも独特な感性で、読む側もついていくのが精一杯。愛情のベクトルが個性的なのである。

まず登場してくれたのは、漫画家の江川達也。彼は小学3~4年生の頃から自分で想像して、架空のジャンクションをデザイン。親から心配されていたという。
上京してからは意味もなく首都高に乗り、環状線を何周も運転。帰宅後は通ったルートを地図で見直し、一人反省会をしていたというから骨太の首都高好きだ。
他にも立体交差の数が多く、造形的にカッコいいという理由で三郷ジャンクションを推してみたり、大橋ジャンクションの建設現場を見て周り、「俺ならこうデザインするのに」と空想してみたり、と常人離れした嗜好の持ち主。

都市・地域プランナーとして活動する一方、土木の魅力を発信するグループ「TOKYO DOBOKU SOCIETY」「laud」を主催する御代田和弘さんも首都高フリーク。
御代田さんが個人的に好きな場所は、2号目黒線の天現寺出口。渋谷川と首都高の狭い隙間を通過し、路地のような細い道から明治通りに出て行く、その形状が面白いのだという。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2009年6月29日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!