巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

エスカレーターの手すりの「抗菌」マークが気になる

ライター情報:田幸和歌子

安全のため、手すりにおつかまりください。

お盆の帰省などで、東京駅を利用する人が増える時季。

ところで、いま、JR東京駅のエスカレーターの手すりに、等間隔で、大きな黄色い円が無数に描かれているのをご存じだろうか。

ブルー地に、目立つ黄色で大きく描かれた円には、「抗菌」の文字があり、視線の横を流れゆく手すりが「抗菌」「抗菌」「抗菌」と激しく謳うのは、ちょっとギョッとしてしまうほど。
また、円と円の間には、これまた大きな文字で
「手すりにおつかまりください」
とあるけれど……。

これっていつ、何のために始めたもの?
JR東日本・東京支社に聞いた。

「この抗菌マークは、全社的な施策で、今年1月24日に東京駅から始まったものです。現在は都内8駅で実施しています」

なぜ「抗菌」をこれほど謳うようになったかというと……。
「お客様のエスカレーターの転倒で、巻き込まれたときに、いちばん有効なのは、手すりにつかまっていただくことです。でも、実際には『手すりが汚い』とか『手すりにはつかまりたくない』という声が多くありました。そこで、安心してつかまっていただくために、『抗菌』ということを表示するようになったのです」
ブルー地に大きな黄色い円というのも、「目立つように」という思惑から。

ところで、駅によって当然、差はあるだろうが、掃除担当者がエスカレーターの手すりの掃除をしている場面は、もともとよく見られたもの。
何か特別な「抗菌」をするようになったということ?
「いえ。お掃除自体はもともと各駅でやっているものですが、『汚い』という声があるので、抗菌したということをわかりやすく“表示”しようということになったんです」
つまり、手すりの清潔度が変わったわけではなく、「清潔であることを表示した」のが、この印というわけだ。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年8月5日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!