巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

暗闇で光る!? 犬のおもちゃが必要なワケ

ライター情報:羽石竜示

暗闇の中、どちらのおもちゃで遊ぶか、それが問題だ。

( 1 / 3 )

「光る物体発見! なんだこりゃ?」
と思ったら、犬のおもちゃでした。しかし、どうして光るおもちゃが必要なのか。ふつうのおもちゃでは駄目な理由があるの?

光る怪しげなアイテムの名は、骨の模型の両端にボールが付いた『ギャラクシーグローバーボーン』と、アメフトのボールの形をした『ギャラクシーグローフットボール』。
ぐうたらして食べてばかりで運動不足、あまり動きたがらない犬には、『ギャラクシーグローバーボーン』がお勧め。ボールの両端の穴にエサを入れて投げれば、犬は目の色を変えて追いかけるだろう。
『ギャラクシーグローフットボール』の方は投げた後、「予測のつかないはずみ方」が楽しめる。犬は投げた方向に真っすぐ追いかけるのだが、場合によってはボールが逆方向に弾んでいくこともある。その動きに反応して、犬があっちこっちに飛び跳ねるところがおもしろいわけだ。

両方とも、一見してふつうの犬用おもちゃだが、暗闇の中でボーっと光る。ライトが入っているわけではなく、「蓄光」といって浴びた光を溜めることで光るというもの。だが、そもそもなぜ光る必要が。

販売サイトには「暗いところでの遊びに最適です」との説明。なるほど、昼間は仕事で愛犬と遊べないビジネスマンの人などに、夜の公園とかで。う~ん、そんな暗いところで犬と遊ばないといけないのかぁ。でも、犬は夜も元気。一日一回は遊んでやらないとストレス貯まりますよね。

実は、筆者も犬を飼っているので、犬グッズ販売サイトの「sumainu(スマイヌ)」さんにお借りして早速試してみることに。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2009年8月16日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!