巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

犬語翻訳機『バウリンガル』の改良版が登場

ライター情報:羽石竜示

犬の声が日本語に翻訳できる犬語翻訳機『バウリンガルボイス』(タカラトミー製)。価格1万9950円。写真は同製品の子機を首につけた犬。

( 1 / 3 )

「犬が日本語をしゃべったなら……」
と夢想したことはありませんか。そんな夢を叶えるアイテムがある。8月27日発売予定の犬語翻訳機『バウリンガルボイス』(タカラトミー製)だ。本当にしゃべるのか、半信半疑だったので、実際に筆者の愛犬で試してみることにした。

この製品、実は2002年に発売し国内外で約30万個を出荷した犬語翻訳機『バウリンガル』の改良版。今回の新製品で従来品と違うのは、日本語の声が出るところ。また、仲間同士で複数台(5台まで)での同時利用が可能になったことだ。

さて、それを実現した仕組みはというと、「日本音響研究所が開発した『動物感情分析システム』のデータに基づき、6つの感情(楽しい/悲しい/フラストレーション/威嚇/要求/自己表現)に声紋を分析する。その分析結果を日本語に置き換えた言葉(約200パターン)を音声と、本体の液晶画面に文字とアニメーションで表示する」のだそうだ。

使い方は、親機に日時や犬種など基本情報を入力後、メニューから「どうじつうやくモード」を選択する。あとは、子機を犬の首に取り付ければ準備オッケー。犬が声を出すのを待つ。わが愛犬がいつものようにワンワンと吠えると、モニターに「受信中」の文字が表示され、さらに「解析中」に変わった。
すると、「何か食べさせてよ」という声が親機のスピーカーから発せられたのだ。

「なるほど、そういえばいつもエサをあげる時間だな」と気づいた。

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2009年8月13日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!