巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ピチピチ海老が跳ねるストラップ

生で見ると、リアルなルックスと動きに面食らってしまう。

( 1 / 3 )

このグッズには、カラーバリエーションが2種類あり、なまバージョン(黒)とゆでバージョン(赤)のどちらかが選べる。
このバリエーションについても、「えびは生じゃないと跳ねないので、ゆでバージョンっておかしいんですけどね……。でも、一般的によく知られているえびは赤なので……」と、またもや後ろめたさを隠せない様子の担当者。

すっかり私も情はわいたのだが、現実に跳ねる姿を見ないと実感がわかない。というわけで、この手でえび(のストラップ)を跳ねさせてみました。
実際に手にしてみると、案外リアルな造形をしているのに驚く。これを、自分の携帯電話につけてみた。

早速、えびのストラップ部分を引っ張り、手を離してみると「カタカタカタ!」と、えびがピチピチ跳ね出す! 私も、心の準備ができていなかったのでビビってしまった。鳥肌が立つほどの!? えびの暴れっぷり。気の弱い人は、十分注意してほしい。あまりにリアルなルックスと動きに、うっかり心が折れそうになるから。

この商品には、「ピチピチOL(25歳)」と「ピチリーマン(45歳)」という、えびを擬人化したようなイメージキャラクターが生み出された。非常に愛嬌と哀愁のあるキャラなのだが、実際のストラップは本物のえびに非常に近い代物。なめてかかってはいけない。

この『ピチピチ☆えびさん』は、11月28日より全国の玩具店、量販店、WEB通販店で発売される。価格は819円(税込み)。

何度も言うが、リアルな造形と動きが望める、えびストラップである。まさか、食育をねらって開発されたのだろうか? いや、ただの「くだらねぇ~」商品である。
(寺西ジャジューカ)

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2009年11月17日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!