巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

電柱ってどうやって立ってるの?

ライター情報:イチカワ

こっから下に、「6分の1」ぶん、埋まっています。

寒い季節、外を歩く人の視線は心持ち下がる。首をすくめ、自然と背中が丸まり、気付くと何メートルか先の地面を見てることがある。

すっかり寒くなった先日、歩いていたら、ふと電柱の根もとが目に入った。地面に埋まっている電柱。それを見て、ふと疑問が。この電柱ってどうやって立ってるんだろう、どれだけ刺したらこんな立ってられるんだろう、と。

帰ってさっそく、電柱を作っているヨシモトポール株式会社の方に聞いてみた。電柱って、地面にどのくらい刺さってるの?
「設置する場所や用途によってポール自体の長さが違いますので、深さもそれぞれ違いますが、基本的に“全長の6分の1”を目安として埋め込まれている形です」

例えば全長12メートルの電柱なら、埋まっているのはそのうち2メートル。長い15メートルの電柱なら、2.5メートル。んー、深いような深くないような……これで充分な気もするし、全体の長さを考えたらもっと深くまで埋まってていいような気もする。

立たせるうえでの工夫って、何かある?
「倒れないか心配なときは、さらなる固定をしています。例えば地面が固くて6分の1も刺さらない場合、埋め込む部分にコンクリートで補強してあげるとか、逆に地面がやわらかい場合は通常より1メートルほど、根入れを深くする(深く埋める)などです」

木のような根っこも、鉢植えのような支柱もない1本の電柱がスッと立っていられるのは、そうやって単純に「掘る・埋める・固める」の度合いを調節してるおかげ。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年12月2日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!