巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「低燃費」や「クリーンディーゼル」とは?

ライター情報:もがみ

ハイブリッドカーのホンダ・インサイト。

最近、車に乗らない知人からも「ハイブリッドカーは環境に優しい」「低燃費が良い」といった話題をふられるが、いつも「よくわからないので解説して」というオチになる。というわけで、筆者がよく解説を求められる「車とエコ」に関するキーワード、「燃費」「ハイブリッド」「プラグインハイブリッド」「クリーンディーゼル」についてお話ししよう。

燃費(ねんぴ)とは「燃料消費率」のことで、「燃費が良い」=「使う燃料は少なく、走る距離は長い」である。
一般的には「km/L(キロメートル毎リットル)」という単位で表され、1リットルの燃料(ガソリンや軽油など)で何キロメートル走れるのか、ということを表す。
つまり、この値が大きければ、たくさんの距離が走れるということで、言い換えれば、少ない燃料で走れるということである。
燃費の値が大きければ「燃費が良い」し、燃料消費が少ないので「低燃費」や「省燃費」といえる(燃費の値は大きいのに「低」とつくので少しややこしい)。
海外では逆に「L/100km」と、「100km走るのに何Lの燃料が必要か」と表すこともあり、この場合は値が小さいほうが「燃費が良く」、文字通り「低燃費」だ。

燃費が良いと、消費する燃料が少ないので、燃料代節約になるし、燃料を燃やしたときに発生する二酸化炭素(CO2)を減らせるので、「エコ」といわれるわけである。

燃費を車の性能の中で重視する消費者は多く、カタログにも書かれているが、この値は、国土交通省が定めた方法で計測されている(いわゆる「10・15モード」や「JC08モード」)。
関連キーワード

ライター情報: もがみ

普段は勉学に励み(?)、休日にコネタ探しをしている。大阪イメージアップ作戦展開中。好物=旅、コネタ探し、デジカメ、地図

2009年12月25日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!