巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

生理用品って、日や時間で使い分けるもの?

ライター情報:田幸和歌子

お肌への影響を考える人、増えています。

「ふつうの日」「多い日の昼」「多い日の夜」「特に多い日の昼」「特に多い日の夜」「羽つき」「羽なし」「瞬間」「スリム」などなど……。生理用品(ナプキン)には、本当に数多くのバリエーションがある。

これらは「体質や好みに合わせて」選ぶものだと長年思い込んでいたが、もしかして、日や時間帯によって使い分けたりする人って、けっこういるのだろうか。それなりにかさばるから、置き場所も必要だし、使い分けはめんどうに思えるけれど……。
生理用品でおなじみのメーカー、ユニ・チャームに聞いた。

「当社の場合、『多いときに漏れるのは困る』『肌への影響が気になる』など、商品づくりは基本的に消費者の声を聞いて行っています。『こういうものが欲しい』『こういうときに困る』という声にあわせて商品化してきた結果、バリエーションが増えてきたんですよ」(広報担当者)

とはいえ、こうした要望はあくまで「個人的な好み」によるものにも思える。実際、数種類を用意し、使い分けている人はいるのだろうか。
「これは人によると思います。こだわらない人の場合は1~2種類だと思いますが、こだわる人は、タンポンとの併用も含めて、昼・夜・多い日・スタンダードタイプや『はだおもい』など、4~5種類使い分けている人もいるようですよ」

「大は小をかねる」ではないけれど、「羽なし」よりは「羽つき」を選んでおけば、いつでも安心に思えるし、「多い日用」ならいつでも対応可にも思えるけれど……。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年2月14日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!