巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

積年の疑問「味噌汁移動現象はなぜ起こるのか」

ライター情報:田幸和歌子

味噌汁でなく、熱湯を注いでも水平移動は起こります。

テーブルの上に熱い味噌汁椀を置いたとき、目の前をお椀がスーッと水平移動する――そんな不思議な「味噌汁移動現象」は、誰もが一度は経験したことのあるもの。

もちろんこれ、オカルトであるわけもなく、理由を聞かれると、「味噌汁で空気があたためられて……」などという人は多いと思うが、実際、きちんと説明できる人は少ないのではないだろうか。
また、ご飯茶碗が動くことやスープカップが動くことなどはなく、この現象が起こるのは、きまって「味噌汁のお椀」というのも気になる。
いったいなぜなのか。

『読んでなっとく物理の疑問 ~科学の不思議が楽しくわかる~(教えて!左巻先生)』『読んでなっとく化学の疑問 ~科学の不思議が楽しくわかる~(教えて!左巻先生)』『いまさらきけない物理の疑問 身近に感じる不思議編(教えて!左巻先生)』(技術評論社)等、多数の科学系著書がある法政大学生命科学部環境応用化学科の左巻健男教授に聞いた。

「条件としてはお椀の底の『ふち』が水にぬれていることが必要ですね。そうするとテーブルとふちはピタッと接します。お椀の中には熱い味噌汁。そこでお椀の底のふちの内部の空気が温められて膨張します。その空気がお椀を少し上に持ち上げます」

ふちが水にぬれているだけでも、お椀のふちとテーブルとの間の摩擦が小さくなり、動きやすくなるそうだが、「膨張した空気で持ち上げられてさらに摩擦が小さくなります。そこでほんの少しの力で押してもスーッと動きます」と左巻先生は説明する。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年3月20日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!