巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

隣の芝生は青い、隣の桜は赤い?

ライター情報:R&S

落ちた花びらとカラーチャート。

( 1 / 2 )

今まさに、桜前線が日本列島を北上中。お花見をすませた人、待っている人、どちらもいることだろう。
日本の桜はその8~9割がソメイヨシノ。目にする機会も一番多くて、遠目に見る淡いピンクがとてもきれいだ。しかし、「いざお花見」と勇んで出掛けてみると、目の前の花がやけに白っぽく見えたりして、少しがっかりすることがある。近年、カメラメーカーに「桜が白く撮れてしまう」なんて苦情が届くことがあるらしいが、やはりそんな気分なんだろう。

白っぽく見えるのはきっと目の錯覚。そこで、桜観察用の自作カラーチャート(写真上)を使って調べてみることに。赤紫~白までを35階調に分け、チャートの右へ行くほど色を薄くしてゆく。一番濃い色(赤紫)を1番にして、右へ2番、3番、4番……と番号を付けてゆくと、一番薄い色(白)が35番になる。これを実際の桜と比べて、何番になるか調べてみよう。

近隣のソメイヨシノで調べてみる。遠目に見る桜は31番の淡いピンク。一方、桜のすぐそばで見る花びらは33~34番のほぼ白色で、明らかな差があった。白っぽいのは目の錯覚ではなかったのである。遠目の桜の方が本当に色が濃いのだ。「隣の桜は赤い」のである。

どうして「隣の桜は赤い」のか。『日本の桜』などの著書がある、独立行政法人森林総合研究所の勝木俊雄研究員に聞いた。
「開花直後のソメイヨシノの花びらは真っ白なんです。一方、花の“がく”は結構赤い色をしていますし、花もつぼみの段階では濃い色がついています。
関連キーワード

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2010年4月15日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!