巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

古くて新しい! 東京で飛行船体験はいかが?

ライター情報:R&S

晴海ふ頭から離陸する飛行船。

( 1 / 3 )

海外旅行は体の負担が大きいので、年1回の海外旅行の代わりに飛行船クルーズを、というお客さまもいます。今年は、20代のカップルでの利用も増えていますね」(日本飛行船)
どんなふうに、利用されているのだろうか。
「最近は、いち早くスカイツリーを上空から見てみよう、という方が多いですが、過去には金婚式や、貸切でプロポーズに利用された方もいらっしゃいます」(同)
プロポーズ……相当に自信がないと難しそうだが、うまくいってもいかなくても、決して忘れられないものになることは、まちがいない。

航空機が台頭する前の1920~30年代には、ツェッペリンNTの3倍以上、全長250mに近い飛行船が国際飛行に使われていたという。シャワーやキッチン、個室まで完備されていたそうで、それはそれは優雅な旅だったという。化石燃料をあまり使わない飛行船は、今再び脚光を浴び、ボーイング社なども開発に乗り出しているという。ツェッペリンNTも、60年ぶりに開発・建造された飛行船なのだそうだ。

古くて新しい乗り物、飛行船。乗るのはちょっと難しいという方も、見物に訪れてみてはいかが。初夏の少しまぶしい太陽の下、ホントに気持ちよさそうです。
(R&S)
関連キーワード

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2010年5月23日 00時00分

「古くて新しい! 東京で飛行船体験はいかが?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!