巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

道路わきの捨てられた傘、誰が片づけるの?

ライター情報:R&S

風雨に壊れたビニール傘。捨てないで持って帰りましょう。

間もなく、本州でも雨の季節が始まる。
雨の翌日、道路わきに、壊れたビニール傘が散らかっていることがよくある。壊れちゃったからもういらない、ってな感じで捨てられるのだろう。こういった傘、ある日気がつくとなくなっているのだが、いったい誰が片づけているのか。

東京都の「道の相談室」(建設局道路管理部保全課)に聞いてみた。
「道路には管理者がいます。それぞれの道路管理者が清掃します」
都道府県道の管理者は都道府県、区市町村道の管理者は区市町村。国道の管理者は国の場合と都道府県の場合とがある。いずれにしても、自治体が片づけを行っているのだ。あまり見かけることがないと思ったら、路面清掃作業は主に夜間に行われているのだという。

「路面清掃作業の処理量は、東京23区内都道において、21年度で月平均170トン程度です。月ごとに見ると、落葉のある秋期が比較的多くなっています」
回収するのは傘に限らない。落葉もあるし、時には動物の死骸なんかもあるだろう。東京23区には、都道の10倍以上の長さの区道があるから、ざっと見積もって月平均2,000トンが回収されていることに。これらは税金で回収・処理されるわけで、気軽に傘をポイって捨てるのは、結局、税負担として自分に降りかかることになる。多くの自治体が「もえないゴミ」として傘を回収しているので、ちゃんと家に持って帰って捨てよう。

ところで、調べるうちに気がついたのは、「東京には思ったより道路がたくさんある」ということ。
関連キーワード

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2010年6月7日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!