巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

友達の顔した敵!? 「フレネミー」は占星術で発見できる

敵でもあり、友でもある……あなたの周りにいますか?

anan 5月12日号に掲載されてから、話題になっている言葉「フレネミー」。
アメリカ発の造語で、友達の顔をしつつも心の中では敵意を持っていたり、相手を利用したり、自分を人気者に見せたりすることばかり考えている人のことを言う。“フレンド(友達)+エネミー(敵)”だから、「フレネミー」。

ananにもフレネミーの見分け方が載っていたが、エキサイト電話占いの真央ゆうか先生(先生のプロフィールはコチラ ⇒http://www.excite.co.jp/uranai/prof_disp?ansk=144653)によると、占星術を使ってフレネミーを発見することもできるらしい。
詳しくいうと、誰に対してでもフレネミーになってしまう傾向の人もいれば、他の人とは本物の友情を築いていても、アナタに対してだけ敵意を隠し持っている人もいる。このタイプのフレネミーは、占星術を使うと見つけやすい。

一般に言う星座は、生まれた時に太陽がどの星座の位置にあるかで決まるが、フレネミーを見つけるには、「火星星座」を使う。火星は衝動、ケンカ、闘争心等を司る。生まれた時に火星がどの位置にあったかで、敵になりやすい人がわかる。
が、火星星座は必ずしも太陽星座と連動しいていないうえ解釈も複雑なので、正確に調べたかったら占い師にきいた方が早そうだ。

おなじみの太陽星座でも、大まかなことならわかるので、今回はその太陽星座で関係性を見ていこう。
関連キーワード

2010年6月9日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!