巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「お小昼」をしてみませんか

ライター情報:田幸和歌子

農作業の合間の「お小昼」は最高においしいです。

「お小昼(おこひる)」という言葉を知っていますか。

これは、信州で、農作業の間に食べるおやつのこと。
子どもの頃、農家の親戚の家で、ブドウの傘かけをしたり、稲まるけ(刈った稲を稲藁でまるける=束ねて縛る)のお手伝いをときどきやらせてもらうのが楽しみだったのだが、何より待ち遠しかったのは、畑のなか、あるいは田んぼの近くの農道で食べる「お小昼」の時間だった。

お小昼で食べるものは、おにぎりや、信州名物の「おやき」「にらせんべい」「薄焼」、漬物、煮物、畑でとれたリンゴやブドウなど。地域によっては、柏の葉で包んだ「きな粉おむすび」なども定番らしい。
子どももそれぞれ自分の仕事を与えてもらうという達成感があり、一仕事終えて、みんなで一緒に畑で食べるお小昼の美味しさというのは、格別だった。

そんな「お小昼」を、体験プログラムとして行っているところがあるという。「国営アルプスあずみの公園」だ。管理センターに話を聞いた。
「開園して6年になりますが、『お小昼体験』を始めたのは、5年ほど前からです。もともと農作業をするときは、時間が遅くなるとどんどん暑くなってしまうため、朝早くから行うもの。でも、朝早くから作業をしていると、どうしても小腹が空くので、ちょっとしたおやつが食べたくなる。それが昔の風習『お小昼』で、こちらでは昔のかまどで木をたいて、お米を煮て、自分でおにぎりを作って食べるという体験を行っています」
自分で作ったおにぎりは、敷地内の古民家の土間や、緑地で食べるのだという。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年6月30日 10時00分

「「お小昼」をしてみませんか」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!