巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

消しゴムサイズのデジカメが完全防水

ライター情報:羽石竜示

完全防水デジカメ『ちょビッカム WP』(JTT販売)に『自分撮り』(よしみカメラ販売)を付けて、水中で撮影。

( 1 / 2 )

以前、信じられないくらい小さくて、撮影が難しいデジカメ『ちょビッカム』を紹介したが、このたび機能がアップ。何と完全防水バージョンが登場した。果たして、小さい防水デジカメってどんな使い心地?

年々、使いやすく便利になっているデジカメにあって、今どきデジカメなのに撮影画像がその場で確認できない『ちょビッカム』(JTT販売)。勘に頼らざるを得ないスリリングな撮影スタイルがとても新鮮だった。で、今回は『ちょビッカム WP』(同)――完全防水のハウジングに入れて、水中で撮影するというものだが、さらに難関、ハードルが上がったという感じ。

こんな小さいデジカメに防水ハウジングとは。しかも水深20メートルまで対応は立派である。というか、このデジカメを水深20メートルまで持っていく理由が普通にあり得るのだろうか。
そんな素朴な疑問はさておき、勇気を出して近くの小川へ撮影に出かけた。とはいえ、あまりキレイな川とはいえないので、自ら入水する気にはならない……。そこで、知恵を搾り、コネタ記事「デジカメに『伸びる棒』を付けるとどうなる?」の『自分撮り』を使うことにした。

『自分撮り』の先に『ちょビッカム WP』を付けることで、カメラだけを水中に入れて撮影が可能になるわけだ。
目の前で鯉やらカメやらがスイスイ泳いでいた――「これは好機!」
早速、撮影開始。といっても、動画撮影ボタンを押してあとはカメラ任せ。前回のときは光学ファインダーが付いていたので、被写体の確認が最低限できたのだが、『ちょビッカム WP』ではそれも付いていない。

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2010年6月26日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!