巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

“パンダ顔”に変身させるサイト

「パンダになっちゃった」

誰しもが“変身願望”を持っているのではないか。『スーパーマン』のクラーク・ケントではないが、普段見せる顔ともう一つ、スイッチを切り替えると別の顔があるみたいな。

そして、ココを利用すれば少なくとも“パンダ”には変身できる。5月21日より開設されている「ぱんだら。」なるインターネットサイトが話題を呼んでいるらしい。

楽しみ方は、人間が写っている写真をサイトにアップロードしてみる。すると、被写体のみんなの顔がなぜかパンダに変身。

文句なしに面白いが、意図は一体なんなんだ? サイトを運営する「インクリメント株式会社」に話を伺った。
「当社が研究開発している内容で“顔認識”があるんです。その技術を、皆さんに『こういう風にも楽しめますよ』と知っていただくために立ち上げました」

……と、気軽に楽しめるサービスなのだが、技術はちっとも安くない。
というのも、変身後はそれぞれが異なるパンダ顔となる。サイト上では、その人の目、鼻、口、まゆ、輪郭など50カ所のポイントを検出。そのデータを元に顔のつくりを構築し、パンダの個性を出していく。みんなが同じ顔になるワケじゃないのだ。

ところで、なんでパンダなんだ? “変身”の理由はわかったが、“パンダ”の理由がわからない。
「今年は上海万博開催の年ということで、上海といえば中国、中国といえばパンダ。ということで、パンダにしました(笑)」
パンダ自体も愛らしいが、パンダを選んだ理由も愛らしい。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年7月5日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!