巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「イヌメン」ってなんですか?

ライター情報:もがみ

愛犬を家族のように大切な存在だとする「愛犬家男子」=イヌメン。

「イヌメン」。
新しい流行語っぽいけど、初見の人も多いはず。
愛犬を家族のように大切な存在だとする「愛犬家男子」のことを「イヌメン」と呼ぶらしい。

テレビドラマ『オトメン(乙男)』が去年(2009年)の夏から秋にかけて放送されていたが、それを追うように、愛犬家のためのフリーマガジン『ONE BRAND』に「イヌメン」特集が登場。
そして今月6日には、ソニー損保から「愛犬家男子(イヌメン)」の実態調査が発表された。
話の種にもなるし、ぜひチェックしておこうではないか。

まず『ONE BRAND』によると、ペットとして犬を飼うのは女性のイメージがあったが、「愛犬家男子」が増えているという。「イヌメン」は、仕事ができ、オシャレで、そして愛犬を愛する男のイメージのようだ。

ではソニー損保が行った、愛犬家男子1000人へのアンケートによる実態調査の結果は?
「費用は1カ月あたり平均6,037円」「触れ合う時間は平日1日あたり2時間15分」といったデータもあるが、注目すべき項目はやはり、「約3人に1人が、愛犬がきっかけで新しい出会いが生まれた」ことではないだろうか。
31.1%が愛犬をきっかけに友人や恋人など新しい出会いを経験し、特にトイプードルの飼い主の場合は41.8%と高い。確かに、犬の飼い主同士はもちろん、犬を飼っていない人も、ついつい散歩している犬にかまい、飼い主と言葉を交わす、なんてことも多い。
また、「もし彼女が極度の犬嫌いだったら」という問いには、約8割が「飼っている犬を好きになってもらうよう努力し続ける」と回答。「イヌメン」は愛犬と彼女どちらも諦めない傾向らしい。なお、「彼女と別れて愛犬を選ぶ」というのは約1割だったとか。

「愛犬家男子(イヌメン)」をイメージできただろうか? 早速、犬を飼っている男の友人を「イヌメン」と呼んで、いじってみようと思う。
(もがみ)
関連キーワード

ライター情報: もがみ

普段は勉学に励み(?)、休日にコネタ探しをしている。大阪イメージアップ作戦展開中。好物=旅、コネタ探し、デジカメ、地図

2010年7月7日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!