巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

北海道を中心とした日本地図

ど真ん中に北海道を置いた。

たまに聞くのだが、“標準語”という言葉に憤りを覚える地方出身者がいるみたいなのだ。
「どこの基準で、東京が“標準”やねん。俺の標準は大阪や!」と誰かが言っていたが、それも納得できる。自分が今そこにいる、踏みしめているその場所が、当人にとっての“世界の中心”なのだから。

そんな思いを形にしたような、見慣れない日本地図が発売された。北海道の出版社「札幌グラフコミュニケーションズ」が、北海道を中心とした『日本全図』を製作した。

画像を見ておわかりになるだろうか? 札幌が真ん中になってる。
特徴は、“札幌を中心に、日本のすべての範囲を図示”、“北海道を図のほぼ中心に置き、方位を約100度回転”、“オホーツク海、千島、サハリン(樺太)の主要地名を記載”などなど。

それにしても、どうしてこんな物を? 「北海道を中心とした日本全図」制作委員会の荒井さんに話を伺った。
「日本地図では、北海道は通常北東端で、どうしても東京・大阪に目がいってしまいますよね。“これは、可能性を十分に生かしていない!”と、真ん中に北海道を持ってきました」

この地図を思いつき、編み出したのは、立命館慶祥中学高等学校の加藤敦史先生。Googleマップをグルグル回しているうちに考案したという。それを見た荒井さんが「これを大っきくして、商品化しましょう!」と、2人のみの制作委員会を結成。めでたく、7月2日の発売に辿り着いた。

ちなみに、どういう人が買っていくのか。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年7月27日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!