巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

500部限定! 手づくり本の魅力に迫る

『flor y fiesta、zaragoza』は500部限定、各2100円。『BOOK246』で開催中の展示は、8月20日(金)まで。本好きの方、興味のある方はぜひ実際に手にとってみてほしい!

( 1 / 2 )

青山一丁目にある、「旅」をテーマにした本とトラベル・グッズの専門店『BOOK246』。先日、このお店に立ち寄ったときに、ギャラリースペースで開催中の写真展と、その作品集が目にとまった。

それはスペインのサラゴサという町で毎年10月に開かれるお祭り『flor y fiesta, zaragoza』(※スペイン語で“花と祭り、サラゴサ”の意味)を田尾沙織さんという写真家が撮影したものなのだが、異国情緒に溢れていて、とても美しいのだ。しかも、その作品集は限定500部で、印刷以外はお手製(!)とのこと。本好きの私は、かなり気になってしまった。

ということで、この本を企画、製作した『san』という手づくり本ユニットにさっそく取材。すると、『san』はデザイナーと編集者の二人からなるユニットだった。活動をはじめたのは、「もともと仕事仲間で、4~5年前からよく一緒に『世界のお祭り本とか、おもしろそうだよね~』とか、『メキシコのガイコツ祭り、行きたいよね~』などと話していたのがきっかけ」だそう。

今回の作品集が初めて二人で製作した本とのことだが、その出来映えは、さすがは本作りに精通している! といったかんじ。でも、まさか手で製本したとは! なぜ、手製に?

「本を二人でつくる、と決めた時点で、旅先で拾ったものなどを挟んだりして、『1点もののような雰囲気の本』にするというイメージは二人の間で共有していました。となると、おのずと印刷所に製本まで頼むのは無理だし、出版社に出してもらうのも難しいよね、となって、手づくりで自費出版という方法になりました」

それから、二人とも作品が好きだったという、写真家の田尾さんと共にスペインへ。
関連キーワード

2010年8月13日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!