巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

秘密結社の首領になってみませんか?

あなたのすぐそばに秘密結社がひそんでるかも!?

( 1 / 2 )

少年時代、「正義の味方ごっこ」よりも、「秘密結社ごっこ」をして遊んだという人は多いのでは? Bitでも過去に「ショッカーのワインセット」などのネタが取り上げられるなど、大人になった今も「秘密結社」という言葉の持つ魅惑的な響きに反応してしまったり、「なんかカッコイイ」と心のどこかで憧れている人が多いということなのだろう。
まー、私は女なのでもっぱらままごと遊びの最中に近所の男子に駆り出され、秘密結社の悪玉にさらわれて助けを求める(フリ)をする役どころだったワケですが……。

先日発売された『あなたの隣の秘密結社』(メディアファクトリー)という本によると、今、そんなどこか郷愁を誘う「秘密結社」が密かなブームになっているらしい。そのきっかけとなったのが、2003年にアメリカで出版され、2006年にトム・ハンクス主演で映画にもなった『ダ・ヴィンチ・コード』の大ヒットだという。
この映画が公開された後、わが国でも「フリーメイソンリー」への入会希望者が急増したのだとか。ご存知の方も多いかと思うが、フリーメイソンリーとは18世紀初頭に英国・ロンドン発祥の世界最大といわれる秘密結社。「道徳的な生き方により、真実で善良な人間になること」をめざす団体だが、政治の世界にも密かな影響力をもち、歴史を動かしてきたといわれている。

鳩山前首相の祖父にあたる鳩山一郎氏もフリーメイソンで、本書では「由紀夫氏のスローガン“友愛”は祖父から受け継いだ思想であり、フリーメイソンリーの理念とも地下水脈的に繋がっていたのである」としている。
関連キーワード

2010年8月27日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!