巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

雑誌の新スタイル? 手作り「ジン」に注目!

ライター情報:田幸和歌子

一冊でも可愛いけど、たくさん集めて並べると、もっと可愛い「ジン」。

( 1 / 2 )

「ジン」って知ってますか?

「ジン」とは主に印刷・製本などに出す大げさなものではなく、個人がコピーやホチキス綴じなどで手作りした冊子のこと。
語源はmagazineのzineから来ていて、もともとニューヨークやヨーロッパなどで、アーチストが小遣い稼ぎや、作品プロモーション目的で作った手作り本を「ジン」と呼んでいたようだけど……。

そんなジンを集めたイベントが、9月3~5日、「青山ハウススタジオ」で行われるという。
期間限定の古着店と同時に、イラストレーター、グラフィック・テキスタイルデザイナー、染色家、編集者、小物創作家、コピーライターなどなど総勢約27名の手作りアートマガジンが集まる「9月青山おしゃれ古着店プレゼンツ 二十七福zine展」。

このイベントをプロデュースするイラストレーターでおしゃれ古着店店長のかわむらえり子さんに話を聞いた。
「日本では、昨年『ZINE'Z MATE』という名称で、原宿のヴァカントで、大きいイベントがあり、今年はアーツ千代田にて『ART BOOK FAIR』という名前で、7月末からの3日間ジンのイベントが開催されていました」

「ジン」という言葉、まだまだ一般には広まっていないものの、ファッション関係者が自分のブランドカタログを「ジン」と呼んでいたり、お洒落なイメージで少しずつ浸透しつつあるのだとか。
「私の場合は、ジンという名前は、これまで使ってないものの、職業柄、宣伝用にイラストファイルをいっぱい手作りしてフリーで配ってきたこと。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年9月2日 08時00分

「雑誌の新スタイル? 手作り「ジン」に注目!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!