巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

韓国の居酒屋で、新潟県民に馴染み深いお酒がヒット

ライター情報:清水2000

新潟では、コンビニやスーパーに置かれている大衆的なお酒「がんばれ父ちゃん」(写真はテサン酒類HPより)。

( 1 / 2 )

新潟県でのみお馴染みとなっている日本酒が、海を越えなぜか韓国でヒットしている。
そのお酒の名は「がんばれ父ちゃん」。新潟県の蔵元である白龍酒造が手がける、新潟県産の水とお米を使ったパック酒だ。口髭・赤ら顔の父ちゃんの、かわいいイラストが描かれているパッケージは親しみやすく、価格帯もお手ごろそうな印象を受ける。

10年ほど前から存在し、日本では100%に近い量が新潟県内で販売されているという(流通を担う新潟酒販による)、このお酒。
新潟県民ではない筆者には全く聞き慣れない名前だったのだが、韓国に住むようになり、そのインパクトのあるパッケージをいたるところで見かけ、いったいこの、日本語学習者が知ってる単語を並べたようなカジュアルな名前の日本酒は、本当に日本でつくった日本酒なのかと(失礼)前々から疑問に思っていた。

日本酒は「サケ」と呼ばれ、数年前からソウルの若者たちを中心に、人気を集めている。焼き鳥や揚げ物など、日本の居酒屋でも定番の料理をつまみにサケを提供する日本風居酒屋も増殖中だ。
がんばれ父ちゃんは、そうした居酒屋の棚に高い確率で並び、見た目のインパクトも後押しし、まるで日本を代表するサケのように目に飛び込んでくる。お店によっては、「がんばれおとうさん」「がんばれおとっちゃん」など、しばしば違った名前でメニューに書かれていることもご愛嬌だ(でも意味は間違っていない)。

ソウル市新沙洞の居酒屋「アタミ」の店長によると、「味も価格も標準的ですが、“あの顔のサケ”ということで人気があります」。
関連キーワード

ライター情報: 清水2000

ソウルを拠点に活動するトラベルライター。翻訳も少々。路上のコネタ、珍スポ、音楽と映画を求め、弘大のライブハウスから朝鮮半島の辺境、世界のコリアタウンまで徘徊中。

2010年9月12日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!