巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

たこ焼きに相性抜群のシャンパン、とは

可愛らしいパッケージですが、“大阪ブドウ”の本気が詰まってます。

秋の味覚であるブドウの産地と言えば、山梨県や長野県などが有名。
しかし一見、農地が少なく見える大阪もブドウの生産量全国7位。デラウェアにいたっては3位の健闘ぶりで、大正時代の終わり~昭和の初め頃には全国1位だったこともあるそう。

そんな大阪産ブドウにこだわるワイナリーがある。

それだけでも珍しいというのに、さらに大阪名物、たこ焼きに合うように作られたシャンパン“たこシャン”まで生み出した。
作っているのは、ブドウ園広がる大阪柏原市のカタシモワイナリーさん。まさに地産池消のワインである。

この“たこシャン”、09年ものは今年6月に販売。3000本が大阪各所の飲食店に卸されるなりすぐ売りきれた。
味わいはさっぱりとした辛口の飲み口で、「フルーティーでフレッシュな柑橘系の香り」。この口当たりが「こってりとしたたこ焼きにピッタリ」だそう。
10年度ものも今年のブドウを使い来春発売予定。目標は1万本だ。
なぜ本数少なめかといえば、「原材料や手作業、設備等の関係から、現在の最大量が約1万本なんです」。

作り方は一本一本瓶内発酵。澱を除くために瓶を回すデゴルジュマンも手作業と、大変な手間がかけられている。
サイズが250ミリと小さめなのも、多くの人に飲んでもらえるように。もちろん小さくすることで手間も余分にかかる。

使われているブドウは大阪産デラウェア100%。しかし今後は100%に保てるか不明だそうで、「最低でも50%は大阪産ブドウを使いたい」と言う。

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2010年10月12日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!