巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

若いママに広がる布おむつ回帰現象!?

アズマカナコさん著の『布おむつで育ててみよう』(文芸社)

最近、エコやスローライフに関心の高い若いママ達のあいだで、「布おむつ育児」が復活してきているらしい。昭和30年頃まで、赤ちゃんのいる家庭では軒先に何枚ものおむつが風に揺れる……というのがあたりまえの風景だったらしいが、手軽さから今では紙おむつが主流に。しかし、一人の赤ちゃんがおむつを卒業するまでに消費する紙おむつの量は約2トン(!)とも言われている。
布おむつの方が紙おむつよりおむつ離れも早くなる……というの真偽は定かではないがよく聞く話。とはいえ、時代に逆行するようなこの流れ、ワーキングマザーも増えている中、大変なのではないだろうか?

そんなわけで昨年、『布おむつで育ててみよう』(文芸社)という本を出したアズマカナコさんにお話を伺ってみた。布おむつ回帰は、少子化のため少ない人数の子を手をかけて育てたいという想いがあるのかな? という気がしたのですが、実際のところはどうなんでしょう?

「そういう方もいらっしゃるとは思いますが、私の周りでは布おむつを使いながら3、4人の子どもを育てている方もけっこうたくさんいますよ。自分に興味のあるものを取り入れたり工夫をして、皆さん、子育てを楽しんでいらっしゃいます。また、妊娠・出産や子育てをきっかけに、今までの生活を見直したり、エコや自然な暮らしに関心を持つ方や、数年前から『布ナプキン』が注目されて使う方が増えたことで、布のあたたかさや心地よさを実感して、子どもにも布を選択するという方が増えたような気がします」

とのこと。
関連キーワード

2010年10月6日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!