巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「おはぎ」と「お惣菜」だけで年商3億円! 小さなスーパーの『売れ続ける理由』

ライター情報:dskiwt

『売れ続ける理由 一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』(佐藤啓二/ダイヤモンド社)

[拡大写真]

宮城県・仙台市の中心部から車で30分、温泉地として知られる秋保(あきう)の町にある小さなスーパー「主婦の店・さいち」。町の人口は4700人程度で、けっして交通の便がいいとはいえず、店舗面積も80坪と広くない「さいち」の年商はなんと6億円!

この「さいち」について書かれた75歳の社長・佐藤啓二氏著書『売れ続ける理由』を読むと、「さいち」の実績、“常識外れ”な経営法や考え方に驚くばかり。そんな数々の“びっくり”をとりあげてみました。

○おはぎとお惣菜で年商3億円の売上
「さいち」の開業は1979年。生鮮食品、お菓子、雑貨、お酒といった商品のほか、手づくりの「おはぎ」と「お惣菜」を販売。このおはぎとお惣菜の「惣菜部門」で、年商6億円の約半分、3億円を売り上げている。
「おはぎ」は1日平均5000個、土日祝日は1万個以上売れている。味の美味しさはもちろん、1個105円という値段の安さ、その大きさにも驚かれるという。このおはぎと300種類以上のラインナップを誇るお惣菜を求め、全国からお客が訪れ、その状態は20年も続いている。

○当日食べないお客には商品を売らない
人気の「おはぎ」は、無添加なので日持ちしない。なので、遠方の方のまとめ買いなどで当日中に食べてもらえなそうなお客に対しては、「お買い上げをご遠慮いただきます」と断るケースもあるのだという。

○お惣菜のライバルは「家庭の味」
「各家庭の料理より美味しくなければ、絶対に買ってもらえない」と、ライバルは同業他社ではなく「家庭の味」と佐藤啓二社長。
関連キーワード

ライター情報: dskiwt

関心あるモノコト:コーヒー、ビール、おにぎり、パン、本、本屋、映画、カメラ、時事英語、MacBook Air、iPad、iPhone、イタリアもの。

URL:Twitter:@dskiwt

2010年12月27日 08時00分

「「おはぎ」と「お惣菜」だけで年商3億円! 小さなスーパーの『売れ続ける理由』」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!