巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

江戸時代を振り返りつつ2011年を過ごすダイアリー

江戸時代の暮らしぶりを学びながら、2011年を過ごすダイアリー。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

もう、こんな時期。もう、年末。いつの間に! 今年の1月から数えて360日近く、日が経っているのだ。光陰矢のごとし。
ただ、江戸時代から数えると千日、万日じゃきかないだろうな……。

なんで急にそんなことを言い出したかというと、ちょっと面白いダイアリーが発売されているから。「江戸美学研究会」が制作した2011年版ダイアリー『江戸帖 EDO DESIGN DIARY』が、好評らしいのだ。

この研究会は“江戸のデザイン”と“江戸の生活”を研究するクラブで、3年前に発足。会員を募り、浮世絵など今に残る江戸文化に関するセミナーやツアーを企画しているという。それらの活動を通して、江戸の美意識を紹介しているのだ。

そんな彼らが手がけた、このダイアリー。内容も、江戸のテイストがそこかしこに。
まず装丁がパッと目を引くのだが、これは日本橋の老舗呉服店である「竺仙(ちくせん)」が担当。浴衣の柄らしく、江戸時代の人々が好んだ定番のデザイン「万寿菊」「蛇の目」「網代」の3種が採用された。
「オリジナルの柄をそのまま使用しており、現在風にアレンジしておりません。『江戸といえば……』のイメージを崩さないように心掛けました」(担当者)

そして、中身について。各マンスリースケジュールの前には、その月の名のいわれや江戸時代における旧暦での暮らし方が紹介されている。
たとえば、睦月(1月)の中表紙には「当時は初詣の習慣はなく、年神様を迎えに行く恵方参り。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年12月25日 00時00分

「江戸時代を振り返りつつ2011年を過ごすダイアリー」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    こんな古い情報は削除しておいて欲しいよ。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!