巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

Facebookとmixiの違いは? もう一度おさらいしてみる

ライター情報:もがみ

Facebookとmixiのトップページ画面(mixiはプレスリリースより)。

[拡大写真]

映画『ソーシャル・ネットワーク』が公開され、最近日本でも一気に知名度が上がっているFacebook(フェイスブック)。雑誌やメディアでも特集が数多く組まれており(エキサイトレビューの記事もチェック!)、それを見て始めた方も多いのではないだろうか。日本で一般的なSNSといえばmixi(ミクシィ)だが、海外の多くの国ではFacebookが一般的で、外国の友人とコミュニケーションを取るのにとても便利。
では、mixiとはどう違うのか? Facebookを始めようか悩んでいる方向けに今一度簡単に説明してみよう。

mixiの利用者は基本的に日本人・日本語話者のみなのに対して、Facebookは世界中に約6億人のユーザーを抱えている。世界各国の言語で提供されており、もちろん日本語版もあるので、完全に日本語で利用することができる。ただし当然だが、利用者の書き込みは様々な言語が入り交じっている。
色々な国の人々とコミュニケーションを取りたい人は、自身のプロフィールや書き込みを、英語ないし英語併記で書くのが一般的だ。

似ている機能は多く、友人(「友達」:「マイミクシィ」)と、書き込み(「近況」:「つぶやき」)やアップロードした写真・動画を共有したり、趣味や団体ごとのページ(「グループ」:「コミュニティ」)を作ったり、メッセージ機能やアプリ機能があったり……。
mixiが機能の改良・追加に積極的ということもあって、差が少ないようにも思えるが、やはり使い方や仕組みの違いはまだまだ大きい。
関連キーワード

ライター情報: もがみ

普段は勉学に励み(?)、休日にコネタ探しをしている。大阪イメージアップ作戦展開中。好物=旅、コネタ探し、デジカメ、地図

2011年2月4日 10時00分

「Facebookとmixiの違いは? もう一度おさらいしてみる」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!