巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

美味しい焼き芋づくりに“黒いアルミホイル”

アルミホイルなのに、真っ黒!

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

女の子は、なんであんなに焼き芋が好きなのだろう。僕も好き。なんであんなに美味しいんだろうか、焼き芋は。

そして、焼き芋といえば屋台で購入することが多いだろうか。寒い夜道で、ホクホクのうちにいただくのがイメージ。
でも、家で本格的な美味しい焼き芋を楽しむことも不可能じゃない。東洋アルミエコープロダクツ株式会社が開発した、『石焼きいも黒ホイル』を使うとイイらしいのだ。

とにかく画像を見ていただきたい。真っ黒! 普通のアルミホイルと、まずは色が違う。でも、何のために? 同社に伺ってみた。
「銀ホイルと比べて約半分の時間で焼くことが出来て、甘味も石焼き芋と同等の甘味となります」
アルミホイルの片面を特殊なインクで黒く印刷することで、熱吸収効果を高めた。結果、普通のアルミホイルの約半分の時間で調理できるようになったという。

これに包んでオーブントースターやグリルで温めれば、家庭内で美味しい焼き芋がいただける。また、トウモロコシに使っても、焼き色をつけて美味しく仕上げることができるそうだ。

そこで、実際に家で使って試してみました。さつまいもをオーブントースターで温めて、焼き芋を作ってみたい!
ただ、通常のアルミホイルとの違いも確認してみたいので、銀のアルミホイルで包んだ芋と『石焼きいも黒ホイル』で包んだ芋を同時に温めてみて、実験。20分ほど温めてみました。

そして、20分後。トースターから取り出してみようとすると、手に取ってみた時の熱さが違う。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2011年3月6日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!