巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

2日で300万アクセス超! 東日本大震災に世界中から寄せられる勇気

ライター情報:鶴賀奈穂乃

『prayforjapan.jp』海外からの応援メッセージ。1秒間に1ツイート以上のスピードで、世界中から日本を応援するつぶやきが寄せられている。

[拡大写真]

3月11日金曜日午後2時46分頃、マグニチュード9.0という世界観測史上最大級の地震が東北地方太平洋沖で発生し、14日正午現在、警視庁の報告では東北と関東の12都県警が検視などで確認した死者数は1647人。家族や知人から申告のあった行方不明者は1720人。重軽傷者は16都道県で計1990人に上りました(産経新聞より)。

テレビやラジオをつけると続々と想像を絶するような被害状況が各地から報道されていますが、今回の震災ではそれよりも大分早くFacebookやTwitterというソーシャルメディアからある程度正確かつ必要な情報を得られることを実感された方も少なくないのではないでしょうか。

140文字のミニブログと言われて久しいTwitter(ツイッター)では、関心のあるキーワードに#(ハッシュタグ)をつけることで検索しやすくする機能がありますが、地震発生後、“prayforjapan”(日本のために祈ろう)というハッシュタグが生まれ、地震発生直後から現在まで、1分間に100件近いメッセージが英語、フランス語、スペイン語、韓国語、アラビア語など様々な言語で途切れることなく寄せられ、同時に写真アプリInstagram(インスタグラム)を通じて”日本のために祈る”画像が数多く投稿されています。

自動車免許合宿先の栃木県那須にいた慶応義塾大学SFC2年生でWebデザイナーでもある鶴田浩之さん(20歳)は、停電と断水で何も情報が入ってこない中、“なんとかイーモバイルでインターネットに接続し”、震災の惨状と世界中の支援の声を知りました。

ライター情報: 鶴賀奈穂乃

フォトグラファー&ライター。グアムや東京で個展を開催したり写真集に作品を提供している。ライターとしてはナチュラル&オーガニックをテーマに執筆。

URL:http://twitter.com/iamcecilia

2011年3月15日 05時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!