巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

育児が楽になる!? ママたちに人気の「ベビーサイン」とは

ライター情報:古屋江美子

赤ちゃんとおててでおしゃべりしよう! 『赤ちゃんとママのベビーサイン』

[拡大写真]

「いったい何がしたいの?」「どうしてぐずっているの?」。赤ちゃんの気持ちがもっとわかればいいのに……。そんなふうに思うことのあるママも多いのでは?

そんなママたちの育児をすこし楽にしてくれる「ベビーサイン」が日本でも広く普及してきた。ベビーサインとは、90年代にアメリカで生まれた育児法で、まだ言葉を上手に話せない赤ちゃんと簡単な手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションを図ろうというもの。「おっぱい」「ボール」「おいしい」など、身の回りにあるものや気持ちを、手を使って表現するのだ。たとえば、「おいしい」なら片手で頬を2、3回叩き、「おっぱい」なら牛の乳を搾るようなジェスチャーをする。

日本ベビーサイン協会理事長の吉中みちるさんに話を聞くと、
「アメリカではおよそ10人に1人の赤ちゃんがベビーサインベビーだといわれています。今では世界各国に広がり、日本では体験会や教室などに参加する親子が年間およそ4万人います」
その認知度と人気はじわじわと高まっている様子だ。

実は私自身も最近まで娘と一緒に教室に通っていたのだが、それほど熱心に教え込んだわけでもないのに、いつのまにかサインをするようになってビックリ。特に、いち早くマスターした「おっぱい」のサインはかなり便利で娘も頻発。わが家で使っているサインはそれほど多くないが、ちゃんと教えれば1歳半ごろには50~60ものサインを使いこなせるようになるそう。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2011年5月9日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!