巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

毒をもって毒を制す!? 「ヘビの毒」クリーム

毒ヘビをヒントに開発された成分を含む『シーツリー・シンエイククリーム』は2940円。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

先日、メディアで「50代女子」という言葉を目にして吃驚した。「30代女子」がもはやフツーになり、「40代女子」「美魔女(美しい40代のこと)」が元気な昨今だけど、50代で「女子」とは……。現代は年相応にオバサンとなって老けてゆくことが許されない世の中なのだろうか。そのうち「生涯女子!!」がキャッチフレーズになる日も近いのかもしれませんね!?

そんなわけで、紫外線と共にエイジング対策が気になる5月。以前、Bitで「カタツムリの粘液」で美しくなるという美容クリームを紹介したが、今度は「ヘビの毒」の美容クリームが登場!? と思いきや、実はヘビ毒をヒントに開発された「シンエイク」という疑似成分を配合した美容クリームらしい。カタツムリ同様、『シーツリー』という自然派ブランドの商品で、その名も『シーツリー・シンエイクリーム』というのだとか。

本物の毒ではないとはいえ、顔に塗って大丈夫なの? と心配になってしまうが、なんでもヘビ毒と類似した「人工ペプチド」はボトックス作用があり、顔の筋肉をリラックスさせ、特にしわへの効果が高いとされているのだそう。すでに海外セレブのあいだで話題らしい。「ヘビ毒のアレ、もう試した?」「もちろんよ!」などと会話してたりするのだろうか。

発売元によると、「塗るボトックスと呼ばれるアルジルリンと比較しても、人工ペプチドは約10倍の抗シワ作用があるとも言われています。他にも保湿&保水効果を高めるヒアルロン酸や天然由来のシアバター、バラエキスやスイカズラエキスなど7種の花エキスを配合し、徹底的にエイジングケアを目指します」とのことだった。

2011年5月11日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!