巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

スマートフォンで熱中症を防げるか?

ライター情報:池田美砂子

危険度を地図上に表示する「熱中症ハザードマップ」(左)と、近隣の涼める場所を知らせてくれる「熱中症対策アプリ」(右)の画面イメージ。

[拡大写真]

この夏、節電意識の高まりの中で心配されているのが、熱中症の多発。官民共同による「熱中症予防声かけプロジェクト」なるものも早々に立ち上がり、国民に対する熱中症対策の呼びかけが始まっている。でも、衣類や水分補給など、どんなに対策しているつもりでも、気象条件によって自分の知らぬ間に危険が迫っているということも……。個人の心がけだけではなく、効果的に熱中症に対する警戒を呼びかける方法はないものだろうか。

そんな思いから始まったのが、スマートフォンアプリによる熱中症対策の実証実験プロジェクト『あついぞ!熊谷 なう』。なにやらポップなネーミングだが、その構想は至ってマジメ。埼玉県熊谷市を舞台に、熱中症の危険度を地図上に表示する「熱中症ハザードマップ」や、現在地周辺の涼める場所(=熱中症シェルター)の情報をリアルタイムで配信する「熱中症対策アプリ」を開発し、予防に役立てようというもの。現在、7月1日からの実験開始に向け、モニターを募集中だ。

熊谷市といえば、2007年に40.9度という観測史上最高気温を記録し、“日本一暑い”場所として知られる都市のひとつ。熱中症危険度の高いこの街の住民を救うため、NTTドコモと、環境保全の総合コンサルタントを行う「いであ株式会社」が手を組み、熊谷市の協力のもと、本実験を行うことになった。屋外の気象観測データはもちろん、屋内にも計200個以上の温湿度計を新たに設置して観測し、サービスに反映させるという力の入れようだ。

ライター情報: 池田美砂子

エコとサステナビリティをテーマに執筆するフリーライター。気象予報士であったりもする。

URL:http://twitter.com/IkedaMisako

2011年6月28日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!