巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

世界一かわいい!? ベルリンの歩行者用信号

ライター情報:古屋江美子

アンペルマン

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

国によって歩行者用信号のマークはいろいろあるが、かわいらしさでいえば、ドイツの「アンペルマン」が群を抜いているかも。

「アンペルマン」とは、旧東ドイツ時代、ベルリンで生まれた歩行者用信号のマーク。帽子をかぶった人型マークはどこかおどけたムードで、なんともいえない愛嬌があり、街なかでも目を引く。

アンペルマンの誕生は今から50年前の1961年。当時増えつつあった交通事故を減らそうと、交通心理学者のカール・ペグラウさんによって考案されたものだ。光る部分が大きく、マークが親しみやすいほど、その効果も出やすいことから、デザインは心理学に基づいて検討されたという。

その後、ドイツ東西統一を機に、信号はいったん西ドイツのものに替えられてしまったが、1996年から「アンペルマンを救おう!」という運動が盛り上がり、97年に無事復活。現在では、ベルリンの歩行者用信号のほとんどがアンペルマンになっているほか、ドイツの他都市の信号にも一部採用されている。

また、ここ数年は、アンペルマンが世界的な人気キャラクターになりつつある。アンペルマングッズはベルリンの直営店3店舗、日本と韓国に1店舗ずつあるフラッグシップショップで売られているほか、世界各国の雑貨店などでも一部のアイテムが取り扱われている。

日本のフラッグシップショップである「アンペルマンショップ白金高輪」の森さんによれば、日本でもその知名度は年々高まっているという。

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2011年8月10日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!