巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

切手のミシン目がいつの間にか変わってる?

ライター情報:田幸和歌子

こんな穴が開いているの、ご存知でしたか?

[拡大写真]

50円切手を数枚購入した際、切手と切手の間のミシン目が、ちょっと気になった。

切手などで、切り離しやすいように続けてあけられた穴を「目打ち」というが、通常の規則的な目打ちと違い、4辺の各1ヶ所に楕円の大きめの穴があいているのだ。
これって、いつから? 通常80円切手はよく使用するのだが、80円切手では楕円の穴は使用されていないはず。50円切手を買ったのは久しぶりだっただけに、全然知らなかったけど……。

郵便局の窓口で聞いたところ、
「いつからかははっきりわかりませんが、切りやすくするために一部大きな丸にしているのだと思います」とのこと。

次いで、郵便局・お客様サービス相談センターに聞いてみた。
「現在、楕円の目打ちが採用されているのは、オシドリ50円切手のみですが、今回が初めてではなく、実は1997年に日本で最初に採用されたケースがあるんですよ」
1997年には50円切手と270円切手の2種で採用され、さらに2007年の80円の記念切手でも採用された経緯があるのだとか。

オシドリ50円切手は、3度目の楕円目打ちのようだけど、いったいいつから?
「はっきりした発行日は定かではありませんが、オシドリ50円切手が更新されたのは2008年ですので、更新時に採用された形式ではないかと思います」

調べてみたところ、楕円目打ち切手が登場したのは2008年1月らしい。もう3年以上前から採用されていたとは!

そもそもなぜ、目打ちの形を楕円にするのかというと……。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2011年9月6日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!