巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

銃の弾丸の氷をつくってみた

ライター情報:羽石竜示

弾丸の形の氷が作れる製氷皿『アイストレーブレット』(英マスタード社製、輸入発売元・アントレックス)

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

男らしいハードボイルドな氷――それは、銃の弾丸!?
涼しい季節になっても、アイスコーヒーやウィスキーの水割りを飲む人はもちろんたくさんいる。なので、ちょっと大人っぽくてクールな感じを味わえそうな氷をつくってみた。

前回の「氷の上に白クマとペンギンをつくってみた」では動物の型だったが、今回使用したのは、銃のマガジン(弾倉)のかたちをした製氷皿『アイストレーブレット』(英マスタード社製、輸入発売元・アントレックス)。それに水を注いで冷凍庫に入れると、ライフル銃に装填するような弾丸の形をした氷ができる。

では、早速つくってみた。まず、パッケージを開けると上記のマガジンがひとつ出てくる(入っているのはそれだけ)。皿とフタの両サイドにそれぞれ弾丸の型があり、上下合わせて弾丸の氷ができる構造になっている。それに水をたっぷり入れて、フタをするとふつうは水が溢れるわけだが、よく見るとそれぞれの型の部分に小さな穴が開いており、そこから余分な水を排出する。したがって、容器から水がたくさん溢れることはない。

冷凍庫に入れて待つこと数時間。期待を膨らませてフタを開けてみる。すると、予想以上にキレイな弾丸状の氷ができているではないか! ちょっと感動に震えながら、ひとつひとつ丁寧に取り出してみる。近くでつぶさに見ると、先端部の尖り具合から底部の溝まで、本物そっくりのディテールだ(ウィキペディアの「弾丸」のライフル弾画像を参照)。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2011年10月3日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!