巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

“お日さまのニオイ”の正体って?

天日干しをしたあとのニオイは心安らぐ。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

喘息持ちの筆者などは、大敵であるはずのダニの死がいとフンに、自ら飛び込んでいっていたことになるじゃないか……。

「ファブリーズ ふわりおひさまの香り」を発売するP&Gに、この「おひさまの香り」とはどんな香りかを尋ねてみた。いわく、「太陽の降り注ぐ南国をイメージした、フルーティシトラスの香り」とのことだった。干した布団などから漂うお日さまのニオイというわけではないらしい。とはいえ、実際に購入して使ってみたところ、お日さまのニオイではないものの、これはこれで心癒されるニオイだった。

う~む。お日さまのニオイの正体とはなんなのか……。本当にダニの死がいやフンのニオイなのだとしたら、喘息にいいわけはないので、筆者としては永遠にお日さまのニオイとはオサラバということになってしまう。

と、お日さまのニオイの正体を追い求めるうち、図書館で有力な情報を得ることができた。2001年11月15日付けの日本経済新聞によると、「某大手化粧品メーカーが天日干しの洗濯物から漂う香りの成分を解明。紫外線によって洗濯物からアルデヒドやアルコール、脂肪酸といった揮発性の成分が発生すると判明した」のだそうだ。

同じ記事には、「この香りを嗅ぐことで、気分の良いとき特有の脳波が表れる」と書かれていた。なるほど。どうやら科学的にも、お日さまのニオイは心安らぐ香りであることが証明されているようである。これで、筆者としても安心してお日さまのニオイを嗅ぎ続けることができる。

と、お日さまのニオイについて調べていた筆者のもとに、まぶしい日差しを浴びながら外で遊んできた娘が駆けつけて言った。「お日さまのニオイ、する?」。天日干しとは異なるものの、やはり、やさしい香りがした。
(木村吉貴/studio woofoo)
関連キーワード

ライター情報: 木村吉貴/studio woofoo

木村文章店店主。鎌倉を拠点にライター・コピーライター・作家として活動中。

URL:http://www.studio-woofoo.net/

2011年10月28日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!